お祭り用品なら問屋の通販を|提灯の歴史 - お祭り用品通販|専門店で法被や神輿を|お祭り用品の通販はデコレーションセンター昭和

お祭り用品専門店【デコレーションセンター昭和】HOME > 提灯の歴史について

提灯の歴史について

祭りでよく見かけるものといえば、屋台の提灯(ちょうちん)ではないでしょうか。屋台には色鮮やかな提灯が飾られています。そんな提灯には様々な歴史があります。こちらでは提灯の歴史についてまとめました。

初期の提灯とは

日本の提灯は室町時代文亀(16世紀初め)に、中国から伝わったといわれています。初期の提灯は、かご提灯という円筒状の竹かごに紙を貼った手提げタイプで、漆やハゼの実から採取した和ろうそくを使用する折りたためないものでした。上下に伸縮する加輪のついた折りたたむタイプの提灯が登場するのは、安土桃山時代のことで、ろうそくが立てられるようになります。

上流階級の人々に使われてきた提灯が、日用品として庶民に使われ始めたのは江戸時代に入ってからで、
ろうそくが大量生産できるようになってからのことでした。
時代の変化と共に、提灯も折りたたみが可能になり簡易化されたのです。

簡易化の理由

提灯が簡易化された理由として挙げられるのは、仏具から日用品になったからといわれています。灯りとして使われ始めた提灯は、お盆や、祭りごとで使用されることも多かったといわれています。江戸時代初期になると日用品だけではなく、戦場でも使用されたといわれています。現代でいうコストパフォーマンスを考慮したものだったといえるでしょう。

お祭り用品の定番ともいえる提灯は、とても大切なものです。当店では、ポリ提灯といったお祭り用品を販売しております。提灯以外にもハッピ、大うちわなども取り扱っております。また、オリジナルの子供神輿(山車)のオーダーも可能です。

子供会や町内会のイベントの祭り用として神輿を制作されたい方は、ぜひ当店にお任せください。
お子様の負担軽減を考えて、台車で移動できる神輿セットをご提供いたします。台車のついたお神輿は山車にして練り歩けますし、収納箱を兼ねていますので好評です。神輿関連のお悩みがある方、お祭り用品を通販でお探しという方は、当店にご相談ください。

お祭り用品の通販なら専門店へ

衣装などのお祭り用品なら愛知にございます専門店・問屋【デコレーションセンター昭和】の通販をご利用ください。祭半天(法被・はっぴ)など、お祭りに欠かせないアイテムをお安い価格で販売しております。