- お祭り用品通販|専門店で法被や神輿を|お祭り用品の通販はデコレーションセンター昭和

お祭り用品専門店【デコレーションセンター昭和】HOME > お神輿の担ぎ方をご存知ですか?

お神輿の担ぎ方をご存知ですか?

各地のお祭りで、お神輿を担いでいる姿を見たことがある人は多いのではないでしょうか。実はただ担いでいるだけではなく、お神輿の担ぎ方には決まりや違いがあるのです。

お神輿の担ぎ方には決まりがある?

お神輿の担ぎ方には決まりがある?

お神輿を担ぐときは、自分が好きなように担いで良いというわけではありません。担ぎ方には種類があって、地域によって決まった担ぎ方があります。昔は担ぎ方を見るだけでどこのお祭りがわかるというくらい、それぞれの地域で担ぎ方が違っていました。

現在でも、地域ならではの担ぎ方が受け継がれている場所もたくさんあるのです。そのため、お神輿担ぎに参加する人は、そのお祭りではどのような担ぎ方をするのか知っておく必要があり、見ている人も担ぎ方の違いを知っていると、さらにお祭りを楽しむことができます。

主なお神輿の担ぎ方

江戸前担ぎ

現在、関東地方の広い地域で取り入れられているのが「江戸前担ぎ」です。お神輿に対して、担ぎ手が全員前を向いてつま先を立て、腰を使ってお神輿を上下させ前進していきます。お神輿が上下するときに鈴が鳴り、担ぎ手の息が合えば見栄えも非常に良いことが特徴です。

深川担ぎ

担ぎ方の基本ともいわれていて、肩で担ぎ、腰をしっかりと伸ばし駆け足で進むことが特徴です。

城南担ぎ

城南地区のお神輿は、縦棒の他に4~6本の横棒があります。そのため横棒の担ぎ手は進行方向に対して横向きになるため、横歩きで進んでいくことが特徴です。

迫り持ち担ぎ

担ぎ手全員が、お神輿に背を向ける体勢で担ぐ方法です。なぜ背を向けて担ぐかというと、神様であるお神輿に息がかからないようにという説や、お神輿が落ちても素早く逃げられるようにといった説があります。

お神輿を担ぐときの注意点

お神輿を担ぐときの注意点

初めてお神輿を担ぐ人は肩を痛めてしまいやすいので、肩を痛めないよう、いくつかのポイントを覚えておきましょう。まず、最初の姿勢が重要で、身体を地面と垂直に、まっすぐ立つようにします。

そして、肩にしっかりと棒を密着させ、手で押さえつけるように担ぐことが大切です。また、お神輿を担いでタイミングを取る場合は、上半身ではなく膝を使うのもポイントといえます。リズムが周りとずれてしまうと、お神輿が左右に揺れて肩への負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

祭り用品の専門店であるデコレーションセンター昭和では、お神輿のご注文も受け付けています。デコレーションセンター昭和のお神輿は、専属の職人が一つひとつ丁寧に作成していますので、安心してお使いください。また、軽量で担ぎやすく負担が少ない、子供用神輿の作成も行っています。

簡易台車も販売しているので、移動中は台車に乗せて運び、担ぎたい場所でお神輿を外して担ぐといったことも可能です。通販のため配達はもちろん、配達後の簡易的な組み立て指導も可能です。「お神輿をもっと豪華にしたい」「購入ではなく修理を依頼したい」というご相談も承りますので、まずは気軽にお問い合わせください。お神輿の他にも様々な祭り用品を販売しています。通販で祭り用品をお求めの方は、ぜひご利用ください。

お神輿や祭り用品などを扱うデコレーションセンター昭和へ

サイト名 お祭り用品専門店「デコレーションセンター昭和」
住所 〒444-2136 〒444-2136 愛知県岡崎市上里1丁目2-22
電話番号 0564-21-0901
FAX 0564-21-0906
URL http://omatsuriya.com/
業務内容 お祭り用品の通販など